料理自慢の宿 間人 寿【公式サイト】

仕出し弁当のご紹介

周辺観光

間人の伝承

間人という地名は、聖徳太子の母・間人(はしうど)皇后の名前を由来としています。
間人皇后は、大和の国の政情が不安定だった頃、争乱を避けて、大浜の里(現在の後ヶ浜)に身を寄せていました。後に宮に戻る際に、住民たちの手厚いもてなしに感謝した皇后は、「大浜の里にむかしをとどめてし 間人村と世々につたえん」と歌を詠み、自らの名をこの地に送りました。
しかし、住民たちは、皇后の名をそのまま地名にする事を恐れ多いとして、大浜の里を退座したことに因んで「たいざ」と読み替えたと伝えられています。

間人周辺見どころマップ

お得な宿泊プラン